奇跡の泉の成分を紹介します!

奇跡の泉「ルルドの泉」の成分とは?

水素水の泉

昔から、メキシコの「トラコテの泉」やドイツの「ノルデナウの泉」
など奇跡の泉と言われる天然水が存在していますが、
特に有名なのはフランスの「ルルドの泉」でしょう。

 

「ルルドの泉」は、フランスピレネー山脈麓の小さいな町ルルド村
の洞窟にあります。

 

伝説では、14歳の少女ベルナデットの前に聖母マリアが現れ、
洞窟の泉の存在を知らせたとされています。

 

マリア像

 

この泉は、最初は、泥水だったそうですが、掘り返していくと
次第に清水になって飲めるようになり、この水を飲むことで、
数々の病気が治癒したと言われています。

 

ルルドには、医療局があり、カトリック教会が検証し、
奇跡として認定するかどうかを決めています。

 

これまでに約2500件が説明不可能な治癒とされていますが、
奇跡として認定されている症例は、68件です。

 

奇跡の条件としては、「医療不可能な難病であること、
治療なしで突然に完全に治ること、再発しないこと、
医学による説明が不可能であること」などが上げられて
います。

 

また、ベルナデットの遺体は、腐敗しなっかたため、
奇跡が起きたとされています。

 

そんな奇跡の泉の成分を調べると他の奇跡の泉同様に
活性水素が豊富に含まれているのだそうです。

 

ルルドの泉は、天然の水素水だったんですね。

 

2002年のテレビ番組の中で、九州大学の白畑教授の
研究室が分析しています。

 

また、細胞内の活性酸素の除去も確認できたと報告
されています。

 

水素の特性が奇跡的な治癒をもたらしていると解明されて
いる訳ではありませんが、水素が奇跡の治癒の一つの要因
なのかもしれませんね。

 

 

水素水の効果・効能へ

 

 

無料でお試し!奇跡の水!?詳細へ

メロディアン水素水

 

 

トップページへ